販促品で売り上げアップを目指す!

販促品の利用で顧客獲得

販促品の利用で顧客獲得 販促品と聞くと思い浮かべるのが、やはりティッシュペーパーやうちわなど。
企業の名前や広告が印刷されたティッシュペーパーを街頭で受け取ったり、何かのオマケでいただくなんてことは良くあります。
どちらも紙面への印刷なので(例外はありますが)、コストもあまりかからず手軽に利用できるのが利点。
そのためか、ほとんどの企業がこれらふたつの販促品を配布したことがあるのではないでしょうか。
ティッシュペーパーは季節を問わず需要もあるため受け取ってもらいやすいですし、うちわは真夏の暑い野外イベントなどで効果的なアイテム。
しかし最近は企業ももっと自社をアピールしようと、変わった販促品を配布するところが増えています。
例えば自社製品を模った物のミニチュアであるとか、オシャレなデザインのクリアファイルであるとか。
タンブラーにロゴを印刷したものなどもあり、その種類の豊富さにはびっくりさせられます。
上記のクリアファイルやタンブラーなど、日常で良く使うものはいただいたら嬉しくなりますよね。
単純な紙製品よりも高級感があり、また物珍しさから受け取ってもらいやすいメリットもあります。
ただ、やはり紙媒体のアイテムよりもコストがかかってしまいます。
配布する場所やイベントの内容、来客の層などをよく考えた上で効果的な販促品を提供できるといいですね。

高級感あふれる商品を販促品として有効活用

販促品は簡素なもので十分と考えていて、なおかつ実践してみて結果を残すことができているのなら問題はありません。
ところが、あまりにも作りが雑な商品は相手に喜んでもらえない可能性が高いです。
ビジネスパーソンとしてあまりにも簡素的な一品を手渡してしまうと、相手からは社会人としての常識を疑われかねません。
最終的には互いの利益のために強調する関係性を築くことになるので、常日ごろから相応の気持ちを伝えることの一環として高級感あふれる販促品を提供するように心がけるのが良いです。
すると、相手も優れた商品を受け取り満足してくれます。
名入れした商品を販促品として活用し始めた際に、最重要課題となるのは使い続けてもらうことです。
せっかく名入れのために費用を投じた一品でも、使ってもらえないことには自社のことを思い出してもらえません。
そのために何をすれば良いのかと言えば、高級感あふれる一品を選択して誰もが使いたいと感じるようなものを取り入れるのが手っ取り早いです。
使っていると心が満たされるような感覚を楽しめるのであれば、嬉々として使い続けてもらえるようになるというわけです。
少々の費用増大は覚悟しなければなりませんが、大きな効果が期待できます。

オリジナルの販促品を作ってみよう

オリジナルノベルティや名入れ販促品の制作会社

販促品の制作